コンソリデーションローンを行う方法とその効果

例えば、一人の人が複数の消費者金融会社からローンをしており、またクレジットカード会社に対して多額の債務を背負っている場合があるとします。コンソリデーションローンとは、抱えている複数の債務を一本化することを目的として貸し出されるローンを呼ぶのです。

具体的には、借金やクレジットカードによる借り入れを一旦清算して、低金利のローンに置き換えることです。これは、ローンをまとめて一元化して、返済管理を単純化できるメリットがあります。

通常、コンソリデーションローンは、借金などで首が回らなくなっている人に対して、低金利で長期返済を目的として貸し出されれることが多いものです。このメリットとしては、期間延長によるため毎月返済する額の減少効果が見込めます。また、金利低下による利息負担を軽減できる効果もあります。

さらに、多重債務を安易に一本化するのではなく、丁寧なカウンセリングを行うことで、債務者に対して自覚効果を与える効用もあるのです。
CMなどでは、ローンの一本化や借り換えというような言葉として使われているようです。

例えば、6カ所の金融機関で600万円の債権がある場合に、これらを全てまとめて1カ所で600万円にするものです。この方法を利用することで、金利の高い順に一括返済できる債務整理が行えるため、債務全体総額は変わらなくても、返済件数や利息は安くなります。そのため、債務者の負担が軽くなり、支払う手間も軽減出来るでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ