債権区分をするための基準と算定方法や利用法

債権者が債務者に対して一定の行為を請求できる権利があります。これは、物権と財産権の2大債権です。金融機関などでは融資する基準として、債権者を区分して融資審査を行える対象者かどうかを与信するために利用しています。

また、一般企業では、すべての債務者の状態や財務内容に関する情報の入手を行うことは困難です。そこで、その計上月や弁済期限から、経過期間に応じて分類するものとして債権区分を監査法人に依頼しています。

ここでは、その評価として、貸倒見積高を合理的に見積もり、その引当金として設定することで適正化できるのです。また、会計基準では、債務者の経営状態に応じて適切に債権区分を行うことで、それに従って貸倒引当金の計上を行わなければなりません。

一般債権を分類する場合には、債権全体を同種や同類に分類して、その状況に応じた過去の貸倒実績率を基準にします。具体的には、売掛金、受取手形、貸付金、未収金等を同一します。

また、貸倒懸念債権については、財務内容を評価法やキャッシュ・フローの見積もりをすることで、算定が可能です。
また、債権状況に応じて求めた過去の貸倒実績率では、一般債権としての個別のものが有する信用リスクに差が生じます。

そこで、与信管理をするためには、債務者の財政状態や経営に基づいて、その債権の信用リスクをランク付けする必要があり、そこで信用リスクごとに区分して、過去の実績をベースにした貸倒実績率を算出できるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ