債権放棄処理を取る理由とそのメリットとは

債権放棄とは、債務者が同意することなく、債権者の一方的な意思表示や単独行為によって債務を消滅させることを言います。債権者は、何度も催促をしたが回収できなかったという証拠をもって、税務署に申告しなければなりません。ここでは、内容証明かあるいは配達証明で通知することになります。

このような処理をとる目的は、倒産処理をしないで債権放棄処理を選択する方が、残債権の回収額が大きくなるだけではなく税金がかかると想定される場合に良いからです。実際に不良債権は資産として計上されるため、課税対象となります。

そこで、税務上の対策では貸倒処理や損金参入として債権を放棄した方がよいこともあります。つまり、債務者の立場であった場合、債務免除と言えるのです。
しかし、万が一回収できるにも関わらず債権放棄とみなされると、寄付金と判断されることになります。

そこで、寄付金となった場合には税法上損金として認められる範囲となり、制限がかかります。例えば、企業が倒産してしまうと、それに伴う関連企業が連鎖的に倒産してしまう可能性が出るでしょう。ここで銀行が強引に債権を回収してしまうと、融資分が完全に回収できないだけではなく、企業の再建のめども立たなくなります。

そこでこのような事態を未然に防ぐための方法として、できるだけ損失を最小限に抑えるために銀行が債権放棄を行うことがあります。そして、融資返済を免除して企業が経営を再建できるように支援するというものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ