最終回返済額の意味と返済方法のバラエティ

金融機関や信販、クレジットカード会社からクレジットやキャッシングを利用すると、その代金には、借りた元金に金利がついて利息となります。そこでの支払においては、元金と利息を合計したものです。ただし、返済にあたっては、各機関が採用している方式があり、自分でその方法を決定することが可能です。

最終回返済額とは、支払期限の終了に合わせた後の支払額を言います。
一般的に借入をした場合の支払方式の種類には、リボルビングシステム、元利均等、元金均等、アドオンなどがあります。リボルビングシステムでは、借入残高に関わらず、毎月の返済額を固定化して支払うことになる方式です。

そのため借入金額によってその回数が変わりますが、その分利息も大きくなり、借入額以上になります。また、利息を含めた一定金額を最低限の返済額とするため、元金支払充当額の考え方は、返済額から1カ月分の残高に対する利息を引いた残りの金額とする仕組みです。

したがって、利用限度額の範囲内であればいくらでも利用が可能となり、借りれば借りるだけ支払回数が増えていき、その期間も長くなります。

元金均等方式では、借入残高に金利を掛けて計算した利息に、毎月一定額の元金を合算して支払います。ここでは元金額は毎月同額ですが、借入間もない頃は利息の金額が多いため、負担は大きいようです。ただし、返済が進むと残高が少なくなってくるので、最終回返済額を早く迎えることになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ