債務超過額の概念と実際の算出方法の難しさ

事業を始めても損失が発生して利益が出なかったり、保有している資産価値が下がったりすることがあります。債務者の負債総額が資産の総額を超える状態を債務超過と呼び、その金額が債務超過額です。これは、資産をすべて売却しても負債を返済しきれない状態でもあります。

このような状態になると、金融機関では新規貸付ができない条件としていることが多いです。そのため、特別な事情がない限りは、新たな融資を期待することは困難な状態です。企業が事業を行う場合には、株主からの出資と銀行からの融資などの手段を利用して資金調達を行います。

一般的に、企業の財務内容を示すものとして、貸借対照表があります。このバランスシートの右側には、調達手段としての具体的な金額を記載するのです。そして、左側には集めた資金がどのように使われているのか、現預金や固定資産などとして表記します。会計上では、左右は同額になるようになっています。

ただし、貸借対照表には、事業継続において将来に期待できる収益を織り込んでいないため、債務超過により事業継続が難しいとは言い切れないようです。そこで、株価を算定する際には、将来のキャッシュフローの割引現在価値を用いたDCF法を利用することで株価が正当になることもあります。

また、債務超過額の算出は明白なのに対して、資産については評価額が分かれることがあります。そのため、客観的な判定が難しいとも言われているようです。特に市場価格のない非上場株式や、不動産、特許権や商標権などの無形資産などについては、査定方法によって評価額に幅があるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ