企業を存続させるために行なう金融機関の残高維持

残高維持とは、銀行や信用金庫などの金融機関が融資を行っている企業に対して、融資を増額させたりする事をストップさせることです。代わりに回収も止めるので、企業は口座の残高を維持することが出来ます。
このような処置を行なう要因には、融資先の企業が業績悪化があります。

これ以上融資を行っても、さらなる利益を生み出すことが出来ないと金融機関が判断するからです。金融機関は企業に対して途上審査を行っており、定期的に役員との面談や決済報告書などの資料を提示させることで、今後どのように融資を行なうのかを判断します。

この時点で業績悪化によりこれ以上利益を求めることが難しいと判断された場合は、倒産するリスクなどから投資をとりあえず維持できる範囲で行い、そこから利益が生み出せる状態まで回復が行なわれれば、追加融資として増額が行なわれます。

また、金融機関によっては残高維持を行なう際には今まで投資した金銭の回収を中断し、企業の回復に尽くす場合もあります。返済が一時的に中断するので、企業側としても回復に集中することが出来ます。残高維持は業績悪化している企業を立て直すための金融機関の手段として利用されるわけです。

ただし、復活が見込めない場合は金融機関側は投資を凍結させ、対象となる会社の財産を差し押さえることで、今まで投資した元金を早期に回収する動きを見せます。つまり、金融機関が会社を存続させるのか、倒産させるのかの判断を行なうことが出来るので、友好な関係が望ましいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ