残高照会による銀行口座やローンの残高を調べる事

残高照会とは、金融取引を行なう際に個人が口座に所有している財産を確認する事です。主に銀行口座に預金を行っている場合などに使われており、預けている財産を確認する際には操作で残高照会を行います。

ATMなどで確認を行なうことが可能ですが、インターネットの普及により、パソコンや携帯電話等からでも、いつでもどこでも確認できるようになりました。

銀行口座での残高を気にしなければいけないものには、公共料金やクレジットカードなどの自動引き落としサービスであり、指定された日に銀行口座の残高から支払額が自動で引き落としをすることで、支払いを完了させるものになります。もし支払額よりも下回る残高しかなかった場合には、支払い完了をすることが出来ずに不払いとなってしまうので、十分に注意が必要です。

残高照会はローンや消費者金融のキャッシングなどでも使われており、こちらの場合には預けている財産などはありませんが、返済すべき金額があとどのくらいあるのかを確認するために行なわれています。つまり、負の財産を調べる際に使われており、分割購入でローンや割賦販売を行った際にはあと何ヶ月、どのくらいの金額を支払うのかを把握するために使われています。

その他では電子マネー、ポイントサービス、マイレージなどの残高確認を行なう際にも使われています。専用機器やインターネットなどで簡単に確認を行なえるので、あとどのくらい利用できるのかを把握することが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ