残高スライド返済を使って返済をしやすい状態にする

残高スライド返済は、消費者金融やクレジットカードの返済方法の一つで、借入残高に応じて月々の支払金額が変化するものです。例えば、分割払いにおいて借入金が5万円以上10万円以下がある場合には月々の返済額が2万円になりますが、借入残高が5万円以下になった際には月々の返済額が1万円になります。

借入残高が少なくなれば、月々の返済額も下がるので、借入残金が減れば債務者が支払いをしやすくなる状況が生まれます。これにより、新たに消費者金融やクレジットカードを利用して新たに融資を受けやすくなることになるので、利用率を上げる手段になります。

消費者金融やクレジットカードには、リボルビング払いと呼ばれる返済方法も残高スライド返済の一つであり、リボルビング払いに申しこめば、あらかじめ設定されたミニマムペイメントと呼ばれる最低支払額さえ支払えば、当月の支払いは完了します。

1万円の借入金があった場合に、リボルビング払いに申しこめばミニマムペイメントとして設定された3,000円だけ支払えばいいので、残りの7,000円は翌月へスライドする仕組みです。

すると、翌月もリボルビング払いを適応すれば7,000円から3,000円だけを支払うので、残りの4,000円は翌々月にスライドします。ミニマムペイメントの設定も金融機関によって異なっており、借入残高に応じて最低支払額の設定も異なります。これにより、次回の買い物に消費者金融やクレジットカードを利用しやすくなるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ