クレジットカードの取引データを扱うCICの役割

CICは個人信用情報機関の一つで、日本クレジット協会、日本信用情報センター、全国信販協会が所有している情報機関を一本化にまとめた組織です。

これにより、加盟している信販会社や信用保証会社、リース会社、一部のクレジットカード会社、消費者金融、銀行、労働組合などの金融機関が行なう、利用者に現金を融資する取引のデータを収集を行い、問題のある利用者と問題のない利用者を把握することが目的となります。

データは加盟している金融機関がいつでもチェックを行なうことが可能です。例えば、クレジットカードでよく支払期日を守らずに滞納を繰り返す顧客がいる場合には、個人信用情報機関に登録が行なわれます。

滞納を繰り返す顧客として他の金融機関でも把握できる状態になり、該当する顧客が新たに別のクレジットカードや消費者金融を申し込む場合には、事前に問題のある顧客だと判断することができるのです。

そのため、申し込みの段階で融資するリスクが発生すると判断されれば申し込み自体を拒否することが可能であり、既にクレジットカードや消費者金融を利用している顧客が他社で滞納や自己破産などを行えば、自社へのリスク拡大を恐れて利用停止の処置を行なう会社もあります。

個人信用情報機関はCIC以外にも銀行を中心とした全国銀行個人信用情報センター、小さなクレジットカード会社や消費者金融が集まって設立された日本信用情報機構ともデータの共有化が行なわれており、申し込みの段階で顧客の問題性の判断を行なうために、蓄積されたデータが使われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ