JCFAによる消費者金融を安全に使ってもらうための取り組み

JCFAは日本消費者金融協会の略称であり、大手消費者金融によって構成されている団体です。活動内容としては、貸金業者を利用する顧客に対して無計画的な使い方を警告するなどの啓発活動です。

金銭管理のカウンセリングを行ったり、冊子や書籍などを発行することで、貸金業者を問題なく利用してもらう主張を行っています。
また、加盟している貸金業者に対しても、過剰な取り立てや融資などを防ぐために規則を設けたり、調査や研究を行っています。

大手消費者金融の多くはJCFAに加盟していることから、定められたルールの範囲で消費者金融業務を行っています。これにより、顧客は加盟している消費者金融に関しては安心して利用することが可能です。

もし、規定されているルールを破るような貸金業者がいれば組織から追放されるので、消費者金融側も安心して利用できるトレードマークとして会社紹介などで加盟していることをアピールしています。

世の中には、加盟していない状態で加盟していると偽って営業を行なう貸金業者が存在します。その多くはヤミ金と呼ばれる、法律上は貸金業者として認められていない者であり、顧客の信用を得るために偽って加盟していると主張しているのです。

JCFAの公式サイトに会員となる貸金業者のリストがあるので、顧客側も事前に調べておくことで、安心して利用できる消費者金融なのかどうかを確認する必要があり、これによりトラブルを回避することが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ