直貸しと代理貸付との違いと発生するトラブル

直貸しとは、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫などの金融機関から直接融資を受けることです。対義語として代理貸付があり、こちらは金融機関がサービスを行っていない地域などに仲介業者に申し込んで業務を委託することで、顧客獲得の拡大を行っています。

金融機関から融資を受けられること自体は違いがありませんが、代理貸付の場合には貸付金額に対して制限が設けられています。

さらに仲介手数料が発生することから、直貸しよりも顧客側の負担が多く発生し、仲介業者とのトラブルもあるので、受付窓口が幅広く設置されているメリットの反面、このようなデメリットがあることも認識しなければいけません。

また、代理貸付の問題点としては、仲介業者がどの金融機関から融資を行なうのかが不透明な一面があり、顧客が融資の申込を行なう際に申込先の金融機関が委任しているのか、直接融資を行なうのかが判断しにくいです。このような事情からもトラブルが発生しやすい原因になっています。

直貸しは受付窓口が少なく、わざわざ遠出を行って直接、金融機関に申し込みをする仕組みになります。大口の融資の申込の場合には仲介業者を使うことが出来ないので、大口の融資を求める場合には金融機関に直接申し込みます。

仲介業者を挟むことをしないので、トラブルが少なく、仲介手数料も発生しないことから、リスクの少ない資金調達手段として利用されています。企業が資金調達を行う上では使い分けていくことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ