投資家や金融機関が行なう融資に関する資金運用の3原則

資金運用の3原則は、収益性、流動性、安全性のバランスを中心に着目を行い、有価証券の投資や金銭の貸し出しを行なうことです。この3つの原則を守ることで、安全な投資を行なうことが出来ます。

個人投資家や投資機関などは、対象となる企業の株式や証券などの有価証券を購入することで企業への投資を行いますが、その企業運営の今後によって購入した有価証券の価値が変化していきます。

つまり、対象となる企業が倒産などをしてしまえば有価証券の価値がゼロになってしまいますし、不調の状態に陥れば価値があったとしても購入時よりも安い価値になるのです。

このような投資リスクを防ぐために、対象となる企業が行なうビジネスの収益性や倒産する可能性の安全性、その他の投資家がどのくらい注目しているのかの流動性を把握しなければなりません。

これにより、投資する企業の価値が認められれば有価証券の購入時よりも高い価値が付与されるので、売買時には高い金額で売れることになり、利益を生むことが可能であり、次の投資運用の資金になります。
金融機関の現金融資でも同様の3つのバランスが重要視されています。

融資先の企業や個人がどのくらいの支払い能力があるのか等の安全性を中心に、利息でどのくらいの収益を得られるのか、返済に対する流れやすさに関する流動性などをチェックした上で融資を行なうので、出来るだけ借り入れた側が返済不能に陥らないように審査を行なわなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ