資金繰りに困ってしまう新興企業向けの信用保証

資金繰りとは、企業が金融機関に対して行なう資金調達のことです。銀行や信用金庫などの金融機関は企業に対して融資を行っており、あらかじめ設定した審査基準をクリアした会社のみが運転資金を調達することが出来ます。

主な審査基準は、会社に対する信用です。どのような業務を行っているのか、その業務からどのくらいの利益が生まれているのか、会社規模はどのくらいなのかであり、そこから倒産する危険性やどのくらいの融資金額を設定するのかを調査します。

つまり、新しく作られた会社は経歴がないことから信用されにくい一面があり、長年、好調な業績を伸ばしている会社ほど審査をクリアしやすいことになるのです。

そこで登場するものが信用保証です。新興企業などは保証料を支払うことで、もし債務不履行に陥った場合は信用保証協会が金融機関に対して責任を取る形で、新興企業でも金融機関から融資を受けることが可能です。

すると、会社を運営する運転資金を調達することが出来るようになり、金融機関と長期的に付き合っていくことで信用を得ていくことになります。
もし、新興企業が倒産などをしてしまった場合には、信用保証協会が今まで融資に使ってきた金銭の返済を金融機関に行います。

これにより、新興企業が受けてきた債務が弁済されることになります。信用保証協会の目的としても融資を受けられない会社が経済活動を行なうことで経済の活性化を狙いとしており、ベンチャー企業などが登場する現代には無くてはならないものなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ