消費者金融やローン利用の際に資金使途で金利が変わる仕組み

資金使途とは、消費者金融や銀行などが行なうローンにおいて、融資された資金の使い道のことです。

多くの金融機関では利用目的を問わないフリーローンの提供が行なわれていますが、住宅購入やリフォームなどに目的が制限された住宅ローンや自動車購入のマイカーローン、子供の教育費や入学金の教育ローンなどがあります。

大きな違いとしては、金利の差です。フリーローンの場合には顧客が現金を調達して自由に利用するので、金融機関側はどのような使い方を行なうのか把握することが出来ません。

そのため、顧客が自分の収入能力を超える使い方をしてしまう恐れもあり、自己破産などで融資した金銭の回収が出来なくなってしまうリスクが発生してしまいます。
目的別ローンでは、顧客が目的のために融資を受けたいと申し込んでそこから審査を行なうので、一つの購入対象に対して審査が毎回必要です。

これにより、金融機関は顧客がどのような融資の使い方を把握することが出来るので、無理な使い方などが発生しません。つまり、収入能力を超える無理な使い方を行なわないことから、金利が低めに設定されています。

クレジットカードの場合でも、買い物を目的とするショッピング枠と現金を直接貸し出すキャッシング枠は別に設定されています。ショッピング枠では買い物を目的として利用することが出来るので、分割払い時に発生する金利は低めで、キャッシング枠は自由に利用できるので、リスク問題から金利が高めになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ