企業の運転資金が手元から無くなる資金ショート

資金ショートとは、会社が企業活動に必要な運転資金が手元から無くなった状態の事です。企業活動には商品やサービスの生産を行い、それが売れてから初めて利益を生むことになりますが、生産をしている段階で運転資金が手元にない状態を引き起こしてしまえば、企業活動を行なうことが出来なくなってしまいます。

倒産する可能性も潜んでおり、生産していた商品が後日売れたことで収益を出したとしても、黒字倒産と呼ばれる企業活動をストップしていた事による会社の存続危機を迎えるケースも珍しくはありません。

もし、ショートを引き起こして、倒産を免れたとしても信用問題に大きな影響を与えてしまい、銀行や信用金庫などの融資を行なう金融機関からは、倒産するリスクへの兆候が見られたために信用を失ってしまいますし、取引先相手の企業とも自社に対する不安材料が見られることによって取引を中止する場合があります。

この事態を避けるために、資金ショートの兆候を早期に把握しなければなりません。会社は財務分析を行なうことで、企業活動を行なう上で資金巡りなどの安全性を監視します。特に、資金移動表による運転資金のキャッシュフローを的確に捉えることが重要になります。

どのような収入があり支出があるのかを知ることでトラブルを事前に予知し、それを回避する手段などを実行することが可能になるわけです。これにより、健全性の高い事業を行なう企業としての評価を受けることが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ