市中協融を利用して大口の融資を行ってもらえる仕組み

市中協融は協調融資とも呼ばれており、金融機関が一つの案件に対して複数の金融機関が参加することです。

企業が融資を受ける際には一つの金融機関だけに限定して資金調達を行っているわけではなく、メインバンクと呼ばれるよく利用する銀行の他に、サブバンクと呼ばれる臨時の際に利用する銀行からも融資を受けています。

これは企業側が金融機関に申し込みを行ったり、逆に金融機関が企業に営業で申し込みをさせるケースなど様々ですが、企業は複数の金融機関から融資を受けられる状態に出来ます。

企業が大きな事業を行なうために資金調達を行なう際にはメインバンクに相談を行いますが、大口の融資になるのでそれなりの危険性が伴います。そのため、融資自体を断られるケースも珍しくなく、企業からしてみれば資金調達が行いにくい一面があるわけです。

そこで登場するのが市中協融であり、メインバンク以外にサブバンクからも資金調達を行なうことで、金融機関1社あたりが投資する金額を抑えることが出来ます。もし、事業に失敗したとしても低いリスクで済ませることが可能であり、企業側としても容易に資金調達を行なうことが出来るので、どちらにもメリットが大きいのです。

市中協融の目的としても融資機会の増大化による危機分散であり、あまり利用されないサブバンクも会社が大きな事業を行う際には利用してもらえるので、メインバンクにならなくても会社との付き合いを大事にしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ