担保型融資を行う際に担保目的物に発生する質権

質権とは、債権者が持つ目的物に対する所有権利の事です。担保型融資では、債務者が価値のある宝石や金属類などの動産物から土地や建物などの不動産物等の所有している財産を担保として設定を行なうことで、銀行などの金融機関から融資を受けることが可能になります。

もし返済できない状況になれば、金融機関はこれを使うことで、設定された目的物の所有権を手に入れることが出来るので、対象の目的物を売買して得た金銭で融資した元金を回収します。

債務者が融資を受けている最中は、設定した目的物の所有権が移動してしまう可能性があります。しかし、完済さえしてしまえば質権の効力は失ってしまうので、目的物の所有権が移動してしまう恐れは無くなります。

担保権には同様に抵当権があり、抵当権は不動産物と一部の動産物にのみ適応されるものになりますが、債権者が目的物の占有を習得することが出来る一面があります。

つまり、融資中は所有権を一時的に抵当権を設定した債権者の手元に留めておくことで、債務不履行が生じた際にはすぐに所有権を移動させることが出来る仕組みです。

質権には所有権をすぐに移動させる能力がありませんが、抵当権とは異なり、設定できる目的物の範囲が広く、価値のある財産であれば、何でも設定できるので、多くの担保型融資で利用されている融資方法です。しかし、不動産物に対しては留置的効力の問題から抵当権の方が利用されており、このように使い分けられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ