短期貸付を繰り返す実質長期貸付金の意味とは

実質長期貸付金とは、企業に対して行なう融資手段の一つです。企業への融資は基本的に返済期間が1年未満の短期貸付と、1年以上長期貸付の2種類に分けられます。金融機関からしてみれば短期貸付の方が早期に回収が行えることからリスクが低く、長期貸付は長期的に回収を行なうので、返済中に倒産してしまうリスクが高くなってしまいます。

この特徴から返済に対する信用が高く、倒産する危険性が低い企業に対しては長期貸付を行っており、短期貸付は信用が出来ずに倒産する危険性が高い企業に対して行なわれます。しかし、新興企業など信用に対して実績が積めていない企業に対しては長期的に融資を行って欲しいものですが、金融機関側のリスクを考えると長期貸付は無理に等しいものです。

そこで登場したのが実質長期貸付です。これは短期貸付を繰り返したもので、新興企業などが新しい事業を行う際に金融機関から短期貸付を行ってもらいますが、これを長期的に行なうために一度完済を行ってから再度借り入れる方式です。これを繰り返していくことで、長期的に金融機関と付き合っていくことになります。

もし、会社の経営状況が悪化した場合には、金融機関側は早期に元金回収を行なうことが出来るので、融資に対するリスクを最小限に抑えることが出来ます。会社側も長期的に付き合っていくことで信用に対する評価が得ることが出来るので、通常の長期貸付に切り替えてもらえる可能性なども潜んでいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ