回収困難な実質破綻先債権が生まれる理由とは

実質破綻先債権とは、銀行や金融機関などのが所有している企業に対しての債権の一つであり、対象となる企業が実質破綻先と呼ばれる倒産寸前の状態の企業の事を指します。

実質破綻先とは法的、形式的に破産はしていない段階であり、経営状態の悪化から今後の再建への見通しが立てられないような事実上破綻したのも同然だと見なされた状態です。

その企業に対して融資をしていた金融機関にとっては、回収が困難な不良債権へとなってしまうので、企業に対して、融資状況から返済状況を随時監視することで、回収不可能になってしまうリスクを避けることを行っています。

もし返済状況が滞り、経営状態もあまりよろしくない状況が見られるのであれば、融資を停止させて、担保物件などを手に入れることで、実質破綻先と呼ばれる前に融資した金額を弁済する動きを見せるわけです。実質破綻先と呼ばれる企業は、ただ倒産を待つだけではありません。

ギリギリの状態で復活した例などもあるので、グループ企業や関連会社、見放す事をしなかった金融機関などの援助を求めることで、復活する場合があります。この場合には金融機関が所有する不良債権の回収が行える可能性もあるので、実質破綻先債権は必ず不良債権になるものでもありません。

しかし、リスクの高い債権には変わりありません。高いリスクを負う場合には早期に融資した金額の回収を行なう方が効率的に良いと判断するので、ギリギリの会社に対して融資を行なうケースはあまり無いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ