仕振りを意識して消費者金融、クレジットカードを利用する重要さ

仕振りとは、金融機関の融資審査の実態の事です。本来は物事の様子を確認する言葉として使われており、業界では融資を申し込む顧客の状況を確認する意味で使われています。消費者金融やクレジットカード、銀行のローンサービス、割賦販売など消費者信用ビジネスのサービスを利用する際には、必ず審査が行なわれます。

消費者信用ビジネスでは顧客の信用で現金の融資を行っており、収入状況がどのくらいあるのか、所有している資産はどのくらいあるのか、真面目に返済を行ってくれる性格なのか、の3点を中心に状況判断が行なわれます。

これにより、融資をしても大丈夫という判断や、消費者金融やクレジットカードではどのくらいの金額を融資するのか与信枠として設定が行なわれます。もし過去に、他社の消費者金融やクレジットカードにて支払いの滞納が目立っていたり、自己破産をしてしまった場合には、信用が出来ない人間だと判断され、申し込みが却下されます。

この信用情報は個人信用情報機関にて集約されており、複数の金融機関がデータの提供や閲覧などを行っているので、金融機関側からすれば問題のある利用者を申し込みの時点で判別し、融資リスクの可能性から避ける事が出来ます。

そのため、融資を申し込む顧客は仕振りに対して注意が必要です。高額の収入状況を作ったり、所有している資産を蓄えたり、これから消費者金融やクレジットカードを利用する場合には、信用情報に傷を付けないように真面目に利用することなどが重要なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ