ジャンプ手形を使った手形の支払日延期の意味

手形は企業間での取引の際に利用される決済手段の一つで、例えば、商品を仕入れた場合に商品代金をその場で用意できない場合には手形を発行します。

効力としては、後日に支払いを行なうことを約束した書類であり、支払いを行う企業は支払日までに現金を専用の口座に振り込んでおき、受け取った企業は手形を支払日に銀行に持って行けば現金を手に入れることが出来ます。

つまり、相手企業が現金を手に入れるまでは手形を発行した企業は債務者、手形を受け取った企業は債権者という関係です。
しかし、債務者が支払日までに入金を行なうことが出来ない場合があります。その場合にはジャンプ手形と呼ばれる、支払日を後にずらす

手法が行なわれます。これを行なうためには現金振込みを待っている債権者の許可も必要であり、許可が行なわれれば、新たに設定した支払日を記入して発行を行なうことが出来ます。

これにより、債務者は支払期日を延長することが可能であり、支払日を守らない不渡り状態を回避することができます。手形は半年間の間に2度不渡りを出してしまうと債務者に対して全ての銀行取引停止が行なわれるので、融資をしてもらうことが出来ずに倒産してしまう可能性が出てきてしまいます。

そのため、支払日の延期を行なうことで、銀行取引停止が行なわれる条件から外れることが出来るわけです。
許可を出す債権者は、なぜ債務者が延期を望んでいるのかを見極める必要があり、倒産する恐れなども考慮しなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ