償還年数を使った企業に対する信用の判断

償還年数とは、融資を受けた際に融資に使われた元金とそこから発生した利息分が完済できるまでの期間を示すものです。一般的には会社に対して使われており、会社に対して信用の度合いや返済能力を示すステータスになります。

つまり、会社が抱える借金が大きければ返済期間も長くなるので、大金を長期間にわたって返済を行なう会社だと判断されますし、また、少額の借金でも毎月の支払を少額にすることで、長期的に返済を行う場合も返済能力がないと判断される材料になってしまうのです。

これにより、償還年数が短ければ短いほど返済能力がある会社だと認められ、投資家向けに企業のランクを付ける格付企業からも、優良企業としてのランクが与えられることになります。

格付ランクが上位になれば、優良企業として投資家からの投資や金融機関からの優遇された金利で融資を行ってもらえる可能性も高くなるので、企業は上位ランクを目指して企業運営を行なわなければいけません。

そのために、企業は融資を受けた際に、出来るだけ短い期間に返済を行なうことが重要になり、最低でも10年以内に完済を行なわなければいけません。

もし、完済に10年以上かかってしまった場合には、信用を失うと同時に危険性の高い会社として認識されてしまいます。会社側は身の丈に合う融資と支払いを行なうことで、償還年数と言うステータスを気にして運営を行なわないといけないもので、償還能力、支払い状況の確認が必要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ