取引で使われる商業手形の役割と利用手段とは

商業手形とは、企業間における商取引に置いて用いられる手形の一種で、自社の信用を使って現金を得る融通手形と区別するために使われています。

手形は一般的に約束を記した書類のことであり、商取引においても商品を仕入れる企業が卸業者に対して、商品の金額がその場にない場合に、後日支払うことを約束した書類として発行を行います。

手形には支払日が設定されるもので、発行した企業は支払日までに銀行に設立した専用の口座に入金を行わなければなりません。受け取った企業は支払日に銀行に行くと現金と交換が可能です。

手形はこの性質から、現金と交換するまでは現金と交換ができる有価証券としての価値が認められています。例えば、受け取った企業が別の企業と商取引がある場合には、裏書と呼ばれる手形を使って弁済を行なうことが可能です。

裏書きとは、誰から誰に所有権が移動したのかを裏面に書き込むことで、銀行で現金を受け取る権利があることを証明するものです。
また、支払日前に現金化して欲しい場合でも対応が行なわれており、手形を担保に融資を受けることが出来ます。

この資金調達方法を利用する場合には、支払日に入手される金額から手数料が引かれるので、本来手に入れる金額よりもやや少なくなってしまいますが、即現金化のメリットは大きいものであり、金銭が必要な場面は企業運営を行なう上で必ず発生するので、どうしても金銭が必要な場合には担保による資金調達法が使われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ