商業手形担保を使った企業の資金調達法とは

商業手形担保とは、企業が資金調達を行なう際に用いられる手法で、所有している受取手形を担保にして金融機関から融資を受けることです。

手形とは、企業間同士の取引において相手企業が支払いをする場合に、書類に支払日、支払金額、支払人、受取人を記入し、捺印を押すことで決済手段として法的に認められる、価値のある有価証券の事です。支払日に指定の銀行に持って行くと現金を受け取れるので、取引時に現金を用意できない場合などに利用されています。

つまり、受取手形は後日に現金化を行なうことが出来る価値のある書類として認められますが、問題点としては、支払日が訪れない限り現金を入手することが出来ないデメリットがあります。

これにより、受け取った側の企業がすぐに現金を必要としている場合には、銀行や貸金業者などの金融機関に担保として手形を預けることで、資金を調達することが可能になります。

支払日を待たずに現金を入手できますが、手数料として手形が換金できる金額から差し引かれるので、本来受け取るべき金額から手数料が引かれた金額が融資に使われることになります。商業手形担保を行なう場合には、金融機関の審査が行なわれています。

これは、担保物件になる手形が支払日になっても換金できない状態で、振り込む企業が支払いを行なわずに逃げてしまうなどのリスクがあるからです。もし、手形が不履行になった場合には、担保融資を申し込んだ企業に責任が追及されるので、融資した金額を返済できるのか審査が行なわれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ