商業手形担保手形貸付で手形を担保に資金調達

商業手形担保手形貸付とは、企業が手形と呼ばれる有価証券を担保に、金融機関に対して融資を求める資金調達法の事です。また、手形とは、企業間同士の取引に発行される決済に使われる書類のことです。

企業間同士の取引を行う際に支払いなどの金銭の移動がありますが、その場で現金が用意できない場合などに、後日支払いを行なうことを約束した書類として手形が発行されます。

受けとった側の企業は支払日に所定の銀行に持って行くことで、現金を入手することが出来るので、現金に換金するまでは価値のある書類として認められています。発行した企業は支払日までに専用の口座に入金を行わなければなりません。

もし入金をしなかった場合には不渡りとなるので、有価証券としての価値が無くなってしまう恐れもあるわけです。有価証券を担保に融資を行なう金融機関は、銀行や貸金業者などです。支払日前に有価証券の現金を入手したい企業などが利用しています。

メリットは支払日を待たずに現金化を行える事ですが、あくまでも担保型の融資となるので、手数料が発生するデメリットもあり、書類に記載されている金額を全額受け取る事が出来ません。手数料は担保申込時から手形の支払日までの日数によって異なっており、近ければ手数料が安くなる仕組みです。

金融機関側も手形の信ぴょう性の審査を行っており、もし発行した企業が入金を行なわずに倒産したり、逃げてしまった場合には担保価値を失ってしまうので、リスクのある担保の場合には拒否される場合があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ