商業手形割引を使った手形を現金化を行なうこと

通常の受取手形は企業同士の取引の際に、取引相手企業が現金の代わりに手形を発行するので代金決済を行なうことが可能であり、支払日に銀行に手形を持って行くことで記載されている金額分の現金と交換できる有価証券となります。

支払日とは、相手企業が銀行に現金を入金する日のことであり、それまで手形は現金に換金することが出来る有価証券として価値があることになります。
しかし、手形は支払日にならないと現金を入手する事が出来ません。

企業が早期に資金を必要とする場合には、商業手形割引を使い、銀行に売却を行なうことで支払日を待たずに現金を入手することが可能です。手形に記載されている金額から手数料が引かれた金額しか入手できない事や、発行した企業が支払日に入金をしてこなかった場合には、割引を依頼した企業が買い戻す義務が発生するなどのデメリットもあります。

割引を銀行に申し込む際には審査が行なわれ、手形が不渡りを引き起こしてしまった場合に申込者に対して換金した金額を支払えるかどうかが問われる事になります。

また、換金を申し込んだ日から支払日が近ければ手数料が少なくなる一面もあり、銀行側が換金できる日が近ければ、入金される可能性が高いと確証を持つ事が出来るので、リスクに対する心配が無くなるからです。

逆を言えば換金できる日が遠ければ、入金される確証を高く見積もる事が出来ないので、リスクが有る可能性として手数料が多めに発生するのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ