上限金利の有効性を決めたグレーゾーン金利

上限金利とは、貸金業において利息制限法に基づいて決められた、法律上での金利の上限の事です。

2010年に改正が行なわれたことで、10万以下の現金融資の場合には20%、100万円以下の場合には18%、それ以上の現金融資の場合には15%と決められており、貸金業者がこれを超える金利を設定した場合には無効にすることが可能になります。

2010年以前の貸金業では、利息制限法と出資法と言った2つの法律が混ざっており、利息制限法では20%を上限としていましたが、特に刑事罰がありませんでした。出資法では29.2%が上限となっており、こちらの場合には刑事罰があったことから、貸金業者の多くは刑事罰がある出資法を基準に設定を行っていました。

法律を破っている状態ですが、刑事罰が存在しなかったために白黒付かない状態なので、これをグレーゾーン金利と呼ばれるものになります。

グレーゾーン金利によって、利用者の借金が膨れ上がることから多重債務を生み出す要因とされており、社会問題になったことで、2010年の貸金業改正により、利息制限法を超える金利を無効にすることが可能になりました。

これにより、法律上で上限金利の設定が有効なものとなり、2010年の法改正以前にグレーゾーンの範囲で発生した利息分に関しても、無効と判断できるようになりました。超過利息返還請求を使って、金融機関に対して支払い過ぎた利息分を過払金として取り戻すことが可能になり、時効を迎える10年間の間は請求権が使えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ