譲渡担保による債権者へのメリットと抵当権との違い

譲渡担保とは、債務者が所有する価値のある金属類や宝石類、有価証券などの動産から土地、建物などの不動産などの担保物件を目的物として、所有権を債権者に移動させて融資を受けることです。融資を受けている最中は、目的物の所有権は債権者が有しており、融資を完済した際に債務者に返還されます。

通常の担保型融資の場合には目的物の設定を行いますが、これはもし、債務者が弁済できない状態になった際に債権者に所有権が移動すると言うものであり、融資を受けている最中に目的物の所有者に違いがあります。

同様に抵当権も存在しますが、こちらは不動産および一部の動産を対象としています。一方、譲渡担保では不動産、動産の両方を目的物として設定を行なうことが出来るので、抵当権で一部の動産の該当にしない財産でも担保に指定することが出来ます。

また、不動産を指定した場合にも違いがあり、抵当権で入手した不動産物件を売買する際に競売手続きなどが必要であり、法律上で決められた範囲でしか取り扱うことが出来ません。

しかし、譲渡担保の場合には法律が定められておらず、債権者が所有権を持っていることから、不動産物件を売買も容易になり、工場などの生産性による収益を生む不動産などでは、収益を手に入れることも可能です。

そのため、債権者に対してはメリットが大きいシステムですが、債務者からしてみれば多額の融資を受けられる一方で所有権を持たないことによる多くのリスクを負うことになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ