消費者信用産業の審査に使われる3Cの評価基準

消費者信用産業において審査は重要なものであり、利用者を判断するために使われています。消費者信用産業は、主にクレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービス、割賦販売など無担保による利用者の信用で現金を融資するサービスです。

担保型ローンとは異なり、返済できなかった場合の元金回収の当てがないので、各金融機関が利用者に対して調査を行い、返済できる見込みのある金額を融資します。

審査内容には3Cと呼ばれる3つの判断基準が挙げられ、申込時の就業状況や収入状況のCapacity、顧客が所有している不動産や有価証券などの財産が該当するCapital、そして顧客の性格を判断するCharacterがあります。

就業状況や収入状況、所有している財産などは申込時に記入を行なうので、金融機関側が細かく調査を行う必要はないのですが、顧客の性格に関しては、個人信用情報機関の情報を元に判断を行われます。

個人信用情報機関では、該当する顧客が過去にクレジットカードや消費者金融などから現金の融資を受けていた際に、利用状況や返済状況などが記録されています。

もし支払日を過ぎても返済を滞納していたり、収入状況に見合わず複数の金融機関から無理な融資などを受けていた場合には、債務不履行に陥る可能性があると判断されるので、リスクが有る顧客になってしまいます。

一方、支払日に問題なく返済を行っていればリスクが無いと判断を受けるので、優良顧客として認識されることが可能です。この調査により、融資サービスの利用有無、いくらまで融資出来るのかを設定されるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ