シンジケート・ローンによる大型融資の仕組み

シンジケート・ローンとは、複数の金融機関がシンジケート団を結成し、一つの案件に対して大型融資を行なうローンサービスです。シンジケート団には、アレンジャーと呼ばれる取りまとめ役がいます。

借り手側が大型融資を金融機関に求める場合には、アレンジャーが設定した利率や期間などに対して契約を行なって、大型融資を受けることが可能になります。
借り手側のメリットとしては、大型融資が可能になることです。

1つの金融機関ではリスクが大きすぎる資金調達でも借り入れることが可能になり、同一条件での契約をアレンジャーと交わすことで、その他のシンジケート団に参加する金融機関とも同一内容での契約を行なうことが出来るので、金融機関ごとに契約を結ぶ手間を省けるのです。金融機関側のメリットには、リスクの分散があります。

もし、大型融資を行った場合に、投資を行った企業が倒産などをしてしまったなどのトラブルが発生した際には、1社だけの融資と比べると1社が負うリスクを抑えることが可能になります。このように大型融資を行う場合に利用されるものであり、借り手、貸し手双方にメリットがある投資方法として使われています。

主にメガバンクや投資銀行などを中心に行なわれており、アレンジャーになればシンジケート団のメンバーから組成手数料や貸出金利を得られるので、利益を生み出す収入源の一つとされています。そのため、アレンジャーに積極的に参加しているわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ