.信販会社によるクレジットサービスと貸金業者との違い

信販会社とは、顧客の信用に対して商品代金を立て替える業務を行なう金融機関です。主に割賦販売やクレジットカードの発行などを行っており、一括で支払うことが難しい高額商品などをローンで購入する際に利用されています。

特に自動車などはカーディーラーと業務提携を結んでいるので、自動車を購入する際には、カーディーラー側から商品代金を立て替えるクレジット会社への申し込みが進められ、契約を結ぶことになります。

自動車以外でも家電量販店での高額商品などでも同じ仕組みが取り入れられており、高額商品を顧客が手にしやすい購入方法として普及しています。
信販会社は、基本的にクレジット業と呼ばれる業種です。顧客が購入する商品代金の立て替えを行っているので、法律上では割賦販売法が当てはまります。

キャッシング業を行っている消費者金融などの貸金業の場合には、顧客に現金を融資しているので貸金業法が当てはまり、クレジット業とキャッシング業は違うものになります。

しかし、昨今ではクレジットカードにキャッシング機能が搭載されるなど、信販会社でも現金の融資を行なうサービスが展開されており、貸金業に登録が行なわれ、貸金業としての一面も見せています。

クレジット会社のキャッシングサービスの利息は、貸金業者よりも高めに設定されているものが多いです。クレジットカードのキャッシング機能は、もしもの際に利用する程度を想定しているので、キャッシングを目的に利用する場合には、消費者金融などの貸金業者に申し込むのがいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ