信用のランク付けを行なう信用格付制度による融資

信用格付制度とは、銀行や信用金庫等の金融機関が融資を必要とする企業に対して、信用の度合いを示すランク付けの事です。企業が審査の際に提出する決済書などの書類の財務分析を中心に審査が行なわれ、倒産する確率や行なう事業の業界が今後どのような展開を見せるのかなどを考慮して信用格付を行います。

審査基準は各金融機関などによって異なりますが、審査結果から融資に対するリスクがどの程度なものなのかを分別することで、融資限度額や利率など融資に関する設定が決められます。

これにより、信用格付のランクが高い企業ほど最優良顧客として融資に対する優遇が大きいことになり、銀行側から積極的な融資に対する案件などが提示され、資金調達が行いやすい状況が生まれるわけです。

企業は、金融機関からの高い信用があれば資金調達が行いやすくなるので、いかに高い信用を得るのかが重要です。

もし、過去に倒産寸前まで追い込まれたなどの信用を落としてしまう出来事などがあれば、信頼を回復するまでに時間がかかってしまうので、企業側は会社設立から金融事故を引き起こさない経営を行なわなければなりません。

金融機関側も人間が判断を行っているので、会社の決済報告書や過去の経歴から不安材料となるものが登場してしまえば、ランクに影響することは間違いがないので、融資限度額や利率に大きな影響を与えてしまいます。クレジットカードや消費者金融同様に信頼が重要なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ