顧客の取引データを管理する信用情報機関の役割

クレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービス、割賦販売などの顧客との取引データを管理する組織のことを、信用情報機関と言います。目的としては、各金融機関が顧客の情報を管理することで、問題のある顧客なのか、問題のない顧客なのかを判断する材料として情報が利用されています。

信用情報機関は、大きく3機関に分類されています。全国銀行協会が銀行のローンサービスなどの取引データを管理する全国銀行個人信用情報センター、一部のクレジットカード会社や割賦販売を行なう信販会社などが参加しているCIC、消費者金融や一部のクレジットカード会社が参加している日本信用情報機構があり、それぞれの機関が参加している企業での取引データを管理しています。

3機関でのデータはお互いに共有されているので、銀行でのローンサービスを申し込む際には、銀行外で過去に取引を行ったクレジットカードや消費者金融などの利用状況なども調査が行なわれ、審査の判定が行われることになります。

これにより、クレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービス、割賦販売など新規の申し込みがあった場合には、顧客が信用できるのかどうか過去の利用状況を調査することで、もし返済できない状況により元金の回収が出来ないなどの信用リスクを最小限に抑えることが可能になります。

顧客が支払いの滞納を何度も行えば、信用情報機関に登録が行なわれるので、新規申し込みが行いにくくなることに繋がるので、支払い期日には注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ