金融機関の審査をクリア出来ない企業の為の信用補完制度

中小企業や個人事業主が、銀行や信用金庫などの金融機関から融資を申し込む場合に、金融機関からの審査を受けることになります。

融資を行った場合にきちんと返済を行ってくれるのかをチェックを行うことによって、もし融資している最中に経営不振により倒産した場合には、融資した金額の回収が出来ずに投資リスクを負うので、その事態を回避しなければいけません。

特に中小企業や個人事業主の場合には審査が通りにくい一面があり、大手企業と比較しても、利益の状況や事業内容の規模などが小さく、金融機関が定める審査基準を満たさない場合があります。

しかし、経済の発展には中小企業や個人事業主の経済活動が必要になるので、金融機関の審査が通りにくい企業に対して信頼に対する保証が必要になりました。

これが信用保証であり、信用保証協会がもし、中小企業や個人事業主が倒産した場合に返済できなかった金額を代わりに返済してもらうことを金融機関と約束を結ぶことで、企業は融資を受けられます。

ただし、企業側は信用保証協会に対して保証料の支払いが必要になります。
信用保証でもリスクが大きいことから、信用補完制度が誕生し、「信用保証制度」と「信用保険制度」の2つの制度の名称として使われています。

これにより、1つの制度ではなかなか金銭を借り入れる状態ではない企業は、2つの制度を利用することで円滑な融資支援を受けられるようになり、融資を比較的に受けやすい状態にすることが出来るのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ