信用リスクを回避するために行なわれる審査とは

信用リスクとは、消費者信用ビジネスにおいて、債務者の経営状況が悪化したことにより、債権回収が望めない危険性の事です。クレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービス等は顧客の信用で現金を融資しており、顧客の収入状況や資産状況、過去の取引での返済状況などの調査を、審査という名目で行います。

審査は、クレジットカードや消費者金融に申し込む際に初回与信として行なわれており、申込用紙に記載された情報を元に、いくらまで現金を無理なく融資できるかを設定します。

これを与信額と言い、例えば収入が不安定なフリーターであれば低い与信枠が設定され、高収入が見込める大企業に努めている会社員であれば、高い与信枠が設定されます。これにより、顧客は無理な使い方を行なうことが出来ないので、金融機関側からしてみれば、信用リスクを事前に最小限に抑えることが可能です。

審査には初回与信の他に途上与信もあり、こちらはクレジットカードや消費者金融を利用している最中のモニタリングを行い、顧客の信用を再調査することです。真面目に支払日に返済を行っていた場合には、金融機関側は真面目に返済を行ってくれる顧客だと認めるので、リスクが低いから与信枠を拡張しても問題はないと判断されます。

逆に支払いの滞納などが発見されれば信用出来ないと判断されるので、金融機関のサービスの利用停止処置や個人信用情報機関を通して、他社の金融機関にも滞納したことが伝えられるので、新規で申し込みを行う場合には、過去に滞納を行ったリスクのある顧客だと判断されてしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ