スコアリングシステムと呼ばれる消費者金融の信用システム

スコアリングシステムとは、消費者信用において個人や企業の融資状況を数値化する仕組みのことです。主にクレジットカード会社や消費者金融などがコンピューターを使ってモニタリングが行われており、融資を受けている金額から返済状況などが監視され、各個人や企業に対して評価を表すスコアを付けています。

これによって、きちんと返済日を守って返済を行っている利用者がいれば良い点数を与え、滞納が目立つ利用者がいればマイナスとなる点数が与えられます。

この仕組みによって、利用者を優良顧客、劣悪顧客にグループ分けを行うことが可能であり、クレジットカードや消費者金融で優良顧客と認められれば、融資してもらえる現金の枠である与信枠の拡張や、ゴールドカードなどの上位ランクのクレジットカードへの切り替えの案内などが行われます。

逆に劣悪顧客であれば、現金を融資する信用がないことから、与信枠の縮小はもちろん、極度に信用ができない場合には強制解約などが行われます。あまり利用しない顧客の場合にもクレジットカードや消費者金融を利用する事は可能ですが、持っていても意味がないと判断されれば、これも強制解約の対象になります。

スコアリングシステムによって解析されたデータは個人信用情報機関にて登録が行われており、他のクレジットカード会社や消費者金融などが情報を共有しています。これによって、新たな申込者がいる場合には過去に他社でどのようなスコアが与えられていたのかで信用の度合いを調べることになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ