スコアリング審査による利用者の信用評価システムとは

スコアリング審査とは、クレジットカードや消費者金融における審査の一つです。審査には2種類が存在しており、申込時に収入状況や資産状況、他社からの融資状況だけで判断を行う初回与信と、クレジットカードや消費者金融を利用中に利用状況を監視する途上与信があります。

その途上与信を行う中で、顧客に対して点数をつける事がスコアリング審査と呼ばれており、クレジットカードを利用している場合に返済を真面目に行っていれば、優良顧客ということで良い点数を与えられますが、逆に返済日が過ぎても返済を行わない場合や滞納などを目立つ客にはマイナスな点数が与えられます。

これにより、信販会社は顧客を優良顧客か劣悪顧客にグループを分けることが可能になり、優良であれば、クレジットカードのショッピング枠、キャッシング枠の拡大を始め、会社によってはゴールドカードの案内などが行われますが、劣悪であれば信用ができないので、マイナスの度合いが大きい場合にはクレジットカードの強制解約などが行われます。

このスコアリング審査で点数が付けられたデータはクレジットカード会社や消費者金融が所有していますが、他社の金融機関でも閲覧できるように個人信用情報機関に情報登録が行われます。

これにより新規申込者がいる場合には他社での返済状況や融資金額、信用できるのかなどの情報を調べることが可能なので、初回審査で登録されたこの点数を元に、優良か劣悪かの情報を得て的確に自社が取引をするかどうか判断を行うのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ