スプレッド融資が行われる際の利息の変動と影響

スプレッド融資とは、企業が銀行や信用金庫等の金融機関から資金を調達してもらう際に、金融機関が資金を調達したときのコストを利息として金額に上乗せして融資を行うことです。特に超優良企業や大手企業向けに行われており、調達コストから融資リスクなどを考慮して最優遇貸出金利にて融資を受けることが可能です。

短期融資の場合には、発生する利息のことを短期プライムレートと呼んでおり、これは大手銀行が超優良企業に対して融資を行う際の利息になるので、地方銀行や中小企業などに資金提供を行う場合にはこの短期プライムレートを一つの基準として、中小企業の信用の度合いによって利息の調整を行います。

これにより、スプレッド融資は中小企業や小規模企業、個人事業主などが使えることがありません。ただし、短期プライムレートにより資金提供の際に発生する利息が決められてしまうので、少なくとも中小企業や小規模企業、個人事業主には全く関係ないものでもありません。

また、資金提供を行う金融機関によっても短期プライムレートの設定は異なっており、資金提供を受ける金融機関によって利息が異なることになります。

また、利息の評価基準にもなるので、35年間長期的に資金提供を受ける住宅ローンにも影響を与えるものであり、個人が住宅ローンを利用している場合には短期プライムレートの変動により、毎月の支払額が異なる現象があります。そのため、金利プランとしては変動型と申込時の金利で計算される固定型があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ