スワップ取引を使用した等価物件を交換する決済方法

スワップ取引とは、企業同士がお互いのキャッシュフローを交換することで成り立つ取引方法です。

キャッシュフローとは、企業の現金の流れであり、例えば、A社がB社から1000万円分の商品を仕入れた場合に、A社はB社に対して1000万円の支払いを行わないといけませんが、別の取引にてB社がA社から別の1000万円の商品を仕入れた場合には、お互いに1000万円の債務と債権を持っているので、これを交換することで弁済が可能となるわけです。

これによって、わざわざ現金化した場合には振込手数料などのコストを抑えることが可能であり、外国企業との取引の場合には外国為替による現金の価値の変動などの影響を受けてしまうので、できるだけ低リスクで取引の弁済を行う手段として利用されています。

もし、片方のキャッシュフロー金額が上回る場合には、差額分の別のキャッシュフローで相殺されるか、手数料を払ってでも現金化を行って支払うかのどちらかになります。多くの企業では長期的に企業が関係を持って付き合っているので、別件での取引のキャッシュフローに当てられることが多いのが現状です。

スワップ取引には金利スワップや通貨スワップ、クーポンスワップなど企業間での商品の以外でも、金融業であれば金利や外国為替であれば通貨などがあるので、それぞれを等価の価値のある物と交換を行うことで弁済をすることができます。これにより、余計なコストを発生させることなく決済ができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ