経済に影響力がある金融機関を支援する政策金融

政策金融とは、国が特定の政策目的を行うために、政策金融機関を通じて融資や保証などを行うことです。

これによって、破綻してしまえば日本経済が混乱をきたすような投資機関が、債務不履行が多く破綻してしまいそうな場合にも、政策金融による融資を受けることで、倒産をするリスクから回避が可能であり、同様に大手企業や保険会社などにも融資が行われる場合があります。

また、民間金融機関では信用リスクから、融資を行うことが難しいと判断される企業でも、社会での必要性があれば融資を行って貰えるケースもあり、新興企業を多く迎えたい地方自治体などでも利用されています。

一度は、民間金融機関の業務のエリアを脅かす存在から、民間化が行われていましたが、世界経済危機の影響から国の参加の状態で、民間金融機関が融資に消極的になった場合の補助的な役割として存続しています。

現在では、民間金融機関の量的保管として、資力に対する不十分な投資サービスを補うことで、投資によるギャップを事前に無くし、企業は平等なサービスを受けることが可能です。

また、中小企業や住宅建設の促進などにも携わっており、産業の活性化や住宅建設を行うことで、住宅ローンを利用してもらう確率を上げるなど、民間機関が手が出しにくいエリアでの投資が行われています。これによって、産業の活性化を狙うことが可能であり、地方自治体が進める制度融資などで地方にも企業を呼び込んでいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ