企業運営を行うために認められる正常運転資金

正常運転資金とは、企業が正常に運営を行うために必要と認められる運転資金をいいます。基本的には信用金庫や銀行から融資を受けることで、それを運転資金として利用しており、営業成績の安定から従業員の人数、事業規模などを信用金庫や銀行に提示を行い、会社の信用を得なければいけません。

新興企業などの設立して間もない企業の場合には、信用を得ようとしても過去の実績がないために、信用金庫や銀行などから融資を受ける際には、短期繰り回しと呼ばれる手法で運転資金の調達を行います。

これは短期間での返済を条件に、返済すればまた新たなる融資を受けることができるので、これを何度も繰り返すことで長期的に資金調達を行えるのです。

これによって、たとえ融資中に企業が倒産したとしても金融機関側には定期的に返済をしてもらっているので、長期的に多額の金額を資金提供を行っているよりもリスクを軽減させることが可能です。

また、新興企業であれば各都道府県が行っている制度融資を受けることが可能であり、これは地方自治体が運転資金を提供する代わりに地元に企業を誘致するものです。

中小企業や新興企業からしてみれば、金融機関で借り入れるよりも低金利で現金調達を行うことが可能であり、地方自治体からしてみても、地元産業の活性化を行うと同時に雇用が生まれるので、街自体の活性化のために会社を誘致する手段として用いられています。これによって、会社運営を正常でお得に行うことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ