問題のない優良顧客の正常債権と不良債権との違い

正常債権とは、金融機能再生緊急処置法施行規則で規定されている、特に問題のない債権のことです。債権とは、金融機関などが個人や企業に対して現金を融資した際に、返済してもらえる権利のことで、将来的に現金が手に入る有価証券としての価値があります。

通常の場合には、現金を融資してもらった債務者が債権者に対して、支払日に返済を行うことが前提になりますが、債務者の中には支払日が訪れているにも関わらず返済を行わない場合があります。これを不良債権と呼ばれており、意図的に支払いを拒否している。

支払いをやりたいけれど現金が手元にないから行えないなど、債務者に問題がある場合には、融資した現金の回収が難しくなり、また、債務者が自己破産などを行ってしまえば、回収不能な状態に陥ります。

そのため、不良債権は有価証券としての価値が低くなってしまうので、銀行などが個人や企業に対して融資を行った際に、債務者が不良債権を生み出した場合には、手元においておくことで自己破産をした時に価値を失ってしまうので回収業者などに安く売ることでリスクを回避させています。

このような状態から、正常債権はきちんと返済を行ってくれる債務者がいることから成り立っており、銀行などの金融機関からしてみれば優良顧客となるので、長期的に付き合って行きたい存在になります。

優良顧客なのかを見極める為にクレジットカード会社や消費者金融などでは個人信用情報機関によって信用の度合いのデータベースで評価を行います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ