地方で起業をする場合に制度融資による資金調達

制度融資とは、都道府県や市町村などの地方自治体が現地にて企業を誘致するために、中小企業や起業を目指す人が融資を得ることができる制度になります。これにより会社を誘致することで、地元を活性化を見込めるので、特に若者の地元離れの阻止や、別の地方から移住してもらうことを目的に行われています。

基本的には銀行などが窓口となっており、地方自治体より預かる信託金を使って中小企業や起業を目指す個人に融資が行われます。銀行を通して現金の融資が行われますが、自治体の担当者の判断が必要であり、公的金融機関同様に一定の審査基準をクリアしないと融資を受けることができません。

そのため、銀行からの融資同様に信用が必要であり、企業の経営状況や収益の確保手段、倒産するリスクがないのかなどが評価の対象になります。

中小企業や起業を行う個人から見たメリットとしては金利が低く、自治体によっては金利の一部を負担して貰える場合があることであり、自治体からも積極的に企業を誘致したいので、審査がクリアしやすいなど、銀行から運転資金を融資してもらうよりもメリットが大きい一面があります。

しかし、デメリット面も存在しており、自治体と銀行の2段階での審査が行われるので、実行されるまでに時間がかかってしまうこともあり、税金を滞納していると信用できない判断から信用を得ることができずに審査をクリアできない場合もあるのです。

資金調達方法としては行いやすいですが、自治体だからこその手際の悪さなども目立ちます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ