金融活動をルールの範囲で行うセーフハーバールール

セーフハーバールールとは、安全港規定という意味がある言葉で、金融業界では予め定められたルールの範囲であれば、範囲内で行動すれば違反として判断されないという意味を持ちます。

主に貸金業や株式投資、外国為替証拠金取引などに使われており、ルールの範囲であれば、過剰な行動を行ったとしても問題はないと判断されます。

これにより、貸金業であれば、クレジットカードや消費者金融などのキャッシングサービスでは融資規制による1人にあたり年収の3分の1以下の融資しかできませんが、逆に言えば、信用が足りない状況で、年収の3分の1ぎりぎりの与信枠を設定する過剰融資を行っていたとしても問題視されないことになります。

そのため、金融機関の中には過剰な融資を行って過剰な取り立てなどを行なう業者などもいますが、基本的にはルールの範囲であれば問題視されません。しかし、度が過ぎた場合には問題がある行為だと判断されるので、対象となる金融機関に対して処罰などが行われることもあります。

また、一定の条件を満たす債務者を要注意先として判断することもセーフハーバールールと呼ばれており、条件としては金融機関側が経営改善が必要とされる企業が支援が必要だということで、経営改善計画が行われている債務者に限定されますが、債務者として今まで投資した元金を回収せずに経営状態が良くなるまで投資を行ってから、利益が生み出せる状態になって初めて元金の請求を行う企業が該当します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ