債務の任意整理を行う悪徳業者の整理屋の手口

整理屋とは、闇金関係の悪徳業者の1つであり、債務の任意整理を行うことを口実に債務者へと近づいてきます。

本来、任意整理は弁護士によって債権者と話し合いが行われることで、これからの債務をどのように返済を行っていくのかを話し合うことになるのですが、悪徳業者の場合には、債権者との話し合いなどを行わずに、手数料だけをだまし取る事が目的としています。

そのため、実際には話し合いなどが行われずに、債権者との話し合いに失敗した、借金の支払い延期に失敗したなどの口実で再度、手数料を取る場合もあります。

こうした整理屋を利用してしまうのは多重債務者であり、本来頼むべき弁護士を使って任意整理を行った場合に、多額の手数料が発生することから、弁護士よりも安い整理屋を頼ってしまう傾向があります。

また、闇金業者とグルになり、多重債務で返済に困る債務者に対して紹介が行われる場合もあり、債務者からより現金を違法に発生させて絞りとる犯罪などもあるので、注意が必要となります。

資産が残っている場合には実印や通帳などを預かって、これを元に債務を解消させるなどうまい話などもありますが、実際には悪徳業者に財産を渡してしまうことになるので、そのまま逃亡されるのがオチとなります。

このような被害を事前に防ぐためにも任意整理を行う場合には手数料が高くても弁護士に依頼を行うことで、騙されて現金が取られるよりも良い結果を受けることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ