信用情報を管理する全国銀行個人信用情報センター

全国銀行個人信用情報センターとは、銀行が行う企業への融資や個人へのローンサービスなどの現金を融資するサービスにおいて、利用者の信用をデータベース化を行い管理する機関になります。

これは複数の銀行が会員となり、取引データの提供を行っているので、例えば、新規でローンサービスを申し込んできた利用者がいる場合には信用で現金を融資するので、きちんと返済を行うことが前提になります。

しかし、利用者が果たしてきちんと返済を行う人物なのかを判断するために、他の銀行で融資を受けていた場合には全国銀行個人信用情報センターで取引データが管理されているので、過去の取引データからきちんと返済を行う人物なのかを調べることで、信用評価を行うことが可能です。

また、複数の銀行から融資を受けている際に別の金融機関で支払いの滞納や遅延が発覚した場合には、リスク回避の意味合いから融資を停止するなどの処置が行われます。

これらの取引データは銀行だけに留まらず、クレジットカードや消費者金融、割賦販売などの他社の貸金業者との情報の共有が行われており、クレジットカードや割賦販売におけるCICや消費者金融における全国信用情報センター連合会との連携を結ぶことで、審査において過去の取引データを調べる際にはクレジットカードや割賦販売、消費者金融なども審査の対象となり、信用問題の調査の合否判定の判断材料が増えたことで、正確さが増すことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ