複数の信用情報機関がデータ共有する全国信用情報センター連合会

クレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービスなどにおける貸金業ビジネスにおいて、利用者の信用を元に現金の融資を行っています。

そのため、利用者が真面目に返済を行ってくれるのかを調べるために、過去に他社から現金の融資を受けていた際の取引データを管理する機関の事を個人信用情報機関と呼んでおり、データベースで他社での取引データを管理することで、新規で申し込んできた利用者の信用を審査しているのです。

全国信用情報センター連合会は消費者金融を会員とする個人信用情報機関の連合体であり、各消費者金融を顧客とする利用者との取引データの管理を行っています。これにより、新規で消費者金融を申し込んできた利用者に対して審査を行いますが、他社での過去の取引データを調査することで、信用できるのかの合否を下すことができます。

クレジットカードの場合にはCICと信販系の団体、銀行の場合には全国銀行個人情報センターと銀行系の団体が存在しており、直接的な関係はありませんが、三情報機関連絡協議会と呼ばれる3つの個人信用情報機関が集まり、会議を行う事で情報の共有化を行っています。

これにより、クレジットカードや消費者金融、銀行とデータの共有を行っているので、できる限り融資リスクを抑えるために返済能力がない問題のある利用者を事前に調べあげて、申し込みを拒否することが可能です。

また、既に審査をクリアした利用者が他社で金融事故を引き起こした場合でもすぐに知ることができるので、サービス停止を行う処置ができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ