企業が運営の為に増加運転資金を求める理由

増加運転資金とは、会社を運営する為の資金の種類で、通常の場合には正常運転資金の範囲で会社運営を行いますが、売上高の増加により、売上債権や棚卸し債権が増えて買入債務を上回るケースや、売上債権の期間が長くなったり、買入債務の期間が短くなった場合など、正常運転資金の範囲を超える資金の事になります。

これにより、通常の運転資金の範囲では会社運営を行うことができなくなってしまうので、追加融資を受けない場合には節約や現在進行している事業の一部を停止させて、現金の補填を行わないといけません。

このような手段を行えば、会社運営としてもバランスを崩してしまうので、正常な状態を保つことができなくなってしまいます。そのため、増加運転資金を銀行に申し込むことで、追加の融資を受けることになります。

銀行には必要な理由やどのくらいの金額が必要なのかを説明する必要があり、銀行側が用意したシミュレーションなどを行うことで、投資する必要があるのかを判断してもらいます。このように銀行の判断任せになってしまうので、銀行と企業は上手に付き合っていくことで信用を高めておく必要があるのです。

従来の融資にて信用できる事業者だと銀行が判断をすれば追加の融資を行ってくれますが、多少の支払遅延が目立ったり、企業運営としても不安定さが見られれば信用を失うので、追加の融資の申し込みが断られる可能性もあります。今までの対応なども重要な要素の一つです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ