早期是正措置で金融機関のトラブルを事前に防ぐこと

早期是正措置とは、1998年に導入された金融機関や保険会社などに対する措置の一つです。

金融機関の場合には銀行やクレジットカード会社、消費者金融、信販会社、信用金庫などの貸金業が該当し、企業や個人に対して現金の融資を行った際に、債務不履行により、不良債権を多く所有してしまった場合には融資リスクを多く背負うことになるので、金融機関事態が倒産してしまう可能性が浮上します。

もし、金融機関が倒産してしまえば、社会に対する影響なども大きくなってしまうので、監督当局が金融機関健全性確保法に則って事業縮小などを行って早期に倒産する危険性を回避させる行動を行います。また、2004年からは金融機能強化法が施行されているので、公的資金を注入することも可能です。

この改善機関は1年間を通して行われるものであり、銀行の場合には自己資本比率が4%、海外でも営業を行う銀行では8%、保険会社の場合には利用客への支払い等も含まれるので200%を上回らないといけないものであり、もし、下回るような経営を行っていた場合には是正措置発動が行われるので、経営の改善などの指導が行われます。

これにより、早期に社会の混乱をきたす要因を排除することができ、早期警戒制度が導入されたことで、投資機関の経営状況を金融庁が監視を行うことも可能であり、問題のある取引などが行われれば、自己資本率の悪化にも繋がるので、早期に対処を行うことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ