創業赤字で企業当初の赤字の問題と金融機関の融資への対応

創業赤字とは、会社を創業した際に設備投資費や人件費等による初期コストが発生することから、売上が順調だったとしても赤字の状態になることです。この問題は徐々に解消されていくものであり、最初の設備投資や人件費等は後に収益として入ってくる金銭にて補われます。

そのため、企業に対して運転資金を融資する信用金庫や銀行などは最初の月の利益が赤字になっていたとしても、すぐに融資を停止を行う判断はせずに、創業時の投資コストが大きいことによる赤字だと判断を行います。

これにより、創業当時の赤字は見逃されるものであり、後に経営が軌道に乗ったり、軌道に乗らずに赤字を生み出す状況になった場合には、次回の融資に対する判断が行われることになります。

特に創業時の中小企業や個人の起業家などは、すぐに軌道に乗せた経営を行うことは困難であり、最初に発生する膨大なコストだけが生まれる状況なので、信用金庫や銀行などの金融機関もこれを予想できる範囲で判断を行っており、赤字が長期的に続く事態であれば、融資するリスクが大きいこともあるので、審査に非常に通りにくい一面があります。

都道府県の地方自治体が行っている制度融資は、中小企業や起業家などに対して金融機関よりも金利が低く審査が通りやすい融資を行っており、事業を現地で行う必要がありますが、簡単に運転資金を調達できる方法として注目されています。地元の活性化のために行われており、自治体、企業どちらにもメリットがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ